派遣薬剤師が体験した地域医療

自分が勤めていた薬局の患者さんにAさんというおばあさんがいました。Aさんは70歳台の高齢者でいつも薬局に薬を取りに来るのですが、基本的に無言で「はい」としか言わないか、「もういいです」と指導を拒否することもありました。そんなAさんは喘息もちの為、薬物治療で吸入薬を処方されていました、指導時に少しゼイゼイと呼吸が苦しかった様子があったので気になっていたのですが、基本的に返事をしてくれる事がないのでちゃんと吸入が出来ているか等の確認が取れませんでした。

そんある日、たまたまAさんに渡す予定あった薬が在庫不足になってしまい、Aさんの家に後日届ける事になりました。Aさんの家に着くとまず驚いたのがボロボロのアパートであったこと、そしてAさんが部屋から出てきた時にすごい異臭と部屋がゴミ屋敷状態になっているのが目に入ってきました。Aさんはあまり見られたくないのか、薬を受けとってすぐにドアを閉めてしまいました。

その後、気になっていたので通院している病院の地域連携室を通じてAさんを担当しているケアマネージャーさんと連絡を取りました。ケアマネージャーさんからの情報ではAさんは現在独居の状態で、昔は旦那さんがいたが事故で亡くしてしまい、ずっと心を閉ざした状態で介護サービスもヘルパーが週一回買い物に入っているのみだということでした。

薬の服用、吸入がちゃんと出来ているかどうか気になっていた私は、Aさんの担当ヘルパーさんに連絡を取りました。そこで聞いたのが「基本的に買い物のみで他の事は話さない、薬についてもちゃんと出来ているのかわからないが、確かにゼイゼイとした呼吸をしている」との事でした。そこで1度ヘルパーさんに同行して貰い、Aさんのお宅に訪問させてもらうことにしました、Aさんは驚いた様子でしたが、私が薬剤師である事とAさんの呼吸の辛さを改善する為に訪問した旨を伝えると、少しうなづき小さい声で「お願いします」と言いました。

家を探すと薬局で渡した吸入薬が何個も出てきました、Aさん曰く「使ってみたが効果がなかった、使っていないとお医者さんにしかられる」と理由を話してくれました。そこでAさんに吸入薬を実際に使用してもらうと使い方が間違っており、正しく薬が体内へ入っていなかったのです。正しい吸入方法を説明したのと、部屋が汚いままだと喘息を悪化させるので、少しでもヘルパーさんに部屋を掃除して貰うようにお願いしました。

一ヶ月後Aさんが来局されました、変わらず口数は少なかったのですが「ちゃんと吸った」と言う返事とヘルパーさんからの連絡で「掃除もさせてもらえる様になった、ゼイゼイした呼吸もマシになり、色々と話して貰えるようになってきた」との事でした。

積極的に行動する事の大切さを知るとともに薬剤師をやっていてよかったなと思いました。その薬局には短期の派遣薬剤師として働いていたので今はもう勤めていないんですが、今でもAさんがちゃんと薬を飲んでいるのか気になります。でも、きっと地域医療に支えられて大丈夫だと信じています。派遣薬剤師をしているといろんなケースにあいますが、どのケースも薬剤師をしていてよかったなと思うことが多いので、いろんな体験のできる派遣薬剤師は私にとってベストな働き方ですね。⇒薬剤師 派遣 短期


優越感に浸るスーツの休日

スーツ姿毎日、仕事でスーツを着用しますが、休日もあえてスーツで出かけるようにしています。
周りからは休みの日ぐらいリラックスした服を着れば?と言われますが、そこをあえてスーツで出かけるのが私なりのこだわりなんです。

まず、平日の普通の出勤の際はビジネスバッグを片手に持っていますが、休日はスーツのみでお金や定期券などもジャケットの内ポケットに入れて、手ぶら状態で出かけます。バッグを持っていないので周りからは「明らかに仕事だな」とは思われません。これこそ醍醐味なんです。

手ぶらでスーツで歩いている光景ってあまり見かけないですよね?サラリーマンがランチを取るために何人かでぞろぞろと歩いているのを見る時ぐらいのものです。さすがにそれは一目で「休憩中のランチにでも行くんだな」という感じですけど、土日の手ぶらスーツはなんだかかしこまっているように見えますし、エグゼクティブ感がでます。
「え?もしかしてあの人、なんかお金持ってそうな感じかも?」
そう思ってもらえるだけで満足なんです(笑)

一種のコスプレかもしれませんが、コスプレと違うところは日常生活にある程度溶け込んでしまえることです。堂々と街中を歩くことが出来ますし、少し格式が高そうなお店に入ることも躊躇なくできるんです。

たとえば、百貨店やブランドショップなどがいい例です。私服で行くよりもスーツで行くと店員さんの対応も全くと言っていいほど違います。まぁ、実際に購入まではほとんどしないんですが、店員さんの対応が良いのでとても気持ち良い気分になります。あとは、ラフな格好では入りにくいバーなどに行くこともあります。これもバーのマスターから一目置かれるような気がしていて、気分がいいです。

ただ逆を言えば、スーツで行くと浮いてしまうような場所には行けないです。例えば若者が多く集まるクラブやファーストフード店などにスーツ姿で行ったことがありますが周りとのギャップがありすぎてめちゃくちゃ居心地が悪かったです(笑)